名古屋から日帰り鉄旅

名古屋から日帰りでいろんな路線を制覇する人の旅日記。

激狭のレール幅でも快適な四日市あすなろう鉄道に乗車! 近鉄全線+α制覇の旅Part12

前回の記事

mytetsutabi.hatenablog.jp

前回の記事は、三岐鉄道三岐線の乗車記です。
今回は、四日市あすなろう鉄道の乗車記録を紹介します。

3日目

三岐鉄道 北勢線三岐鉄道 三岐線四日市あすなろう鉄道伊賀鉄道

f:id:tsubdra:20190625071158j:plain
前回の西藤原駅から続きます。

三岐鉄道三岐線
近鉄富田行き
10:42 西藤原発→ 11:27 近鉄富田

f:id:tsubdra:20190614071007j:plain
西藤原を後にし、近鉄富田に着きました。
近鉄の急行で近鉄四日市へ行きます。

近鉄名古屋線
急行 松阪行き
11:29 近鉄富田発 → 11:34 近鉄四日市

近鉄四日市に到着したので、四日市あすなろう鉄道へ乗り換えます。

四日市あすなろう鉄道

もともと、四日市あすなろう鉄道の路線は近鉄が所有していて、レール幅762mmの珍しい路線の一つとして運行されていました。
近鉄内部線・八王子線という路線でしたが、利用者の低迷により近鉄廃線を表明。
それを拒んだ沿線住民により、四日市市が代わって運営するようになり第三セクター四日市あすなろう鉄道が誕生したのです。
f:id:tsubdra:20190629172420j:plain:w500
f:id:tsubdra:20190629112354j:plain
あすなろう四日市駅は、島式ホーム一つで思っていたよりも狭かったです。
上に建物があるので、余計狭く感じました。
だがそれが良い。
f:id:tsubdra:20190630013654j:plain
三岐鉄道 北勢線と同じレール幅の路線の車両なのに、受ける印象が全然違います。
細さをあまり感じないデザインになっていて、なかなか面白いです。
ということで、この列車に乗って西日野に行きます。
f:id:tsubdra:20190629113314j:plain
座席の持つ部分が、ハート形です。
アベックリア充の方は、乗ったらなにか良いことがあるかも、、?!
f:id:tsubdra:20190629113706j:plain
西日野駅に到着。
住宅はあるものの、利用者はあまり見られませんでした。
f:id:tsubdra:20190629172700j:plain
西日野駅ホームから撮った写真です。
四日市にはこういう所もあるんだなぁと感じる写真、、?
f:id:tsubdra:20190629173212j:plain
ではここで、車内を紹介しようと思います。
座席が進行方向と垂直の向き(ロングシート)の三岐鉄道北勢線と異なり、こちらは全て進行方向に向いていました。
車内にはエアコンも完備されており、木目の色合いが清潔感を出して非常に快適でした。
また、運賃表が液晶画面に映っていて機能面においても良い車両だと思いました。
なんだか、ちょっと変わったバスに乗っている気分ですね。
f:id:tsubdra:20190630011645j:plain
折り返してきて、特殊狭軌唯一の分岐駅・日永駅に着きました。
内部線の方へ乗りに行きます。
f:id:tsubdra:20190630011844j:plain
あっ!!あの車両は、、、!

この車両は、あすなろうブルーと呼ばれています。
四日市あすなろう鉄道では、このあすなろうブルー含め全ての車両をグリーンにしていて、その中でまだ未更新なのがこの列車です。(2019年現在)
見れるか心配だったので、良かったです。
f:id:tsubdra:20190630012319j:plain
内部駅に到着しました。
四日市あすなろう鉄道、制覇です!
内部駅は有人駅で、待っている乗客の方も10名ほどいました。
どうやら、隣に車庫があるそうなので見に行きます。
f:id:tsubdra:20190630012754j:plain
なかなか見られない、特殊狭軌の鉄道の車庫。
時々、イベントなどで一般公開されるらしいので行ってみてはどうでしょうか。

今回はここまでです。
次回は、神戸から上野まで1時間程で行ける列車に乗車します。お楽しみに!
読んでいただきありがとうございました。

伝説の名車、名鉄パノラマカーはすごかった 名鉄の歴史その参 (雑学③)

前回の記事

mytetsutabi.hatenablog.jp

前回の記事では、愛知電気鉄道について触れ現在の名古屋鉄道爆誕するまでの話をしました。
今回は、パノラマカー誕生の話をしようと思います。

名鉄パノラマカー

そもそも、パノラマカーはなぜできたのか。
それは、自動車の普及への対抗手段とするためです。
高度経済成長期、日本は大きな発展を遂げ自動車が一家一台になるように。
愛知県では某T社の思惑もあり、道路が広くされ自動車が便利な社会になっていました。

当時の名鉄は特別料金なしで乗れる車両に冷房をつけたりと自動車より電車に乗ってもらうよう最善の努力をしました。
そしてそんな中、運転席を上に上げて乗客が前を見渡せる車両の構想ができました。
その車両こそ、パノラマカー(名鉄7000系)です。
イタリア国鉄の特急列車をモデルとした車両で、乗る人が楽しめる車両としてつくられました。
f:id:tsubdra:20190627212518j:plain
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E9%89%847000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

パノラマカーには面白い工夫が沢山あるので、一つ一つ紹介していこうと思います。

運転席は2階

乗客が前を見渡せるよう、運転席を2階に上げました。実は、これに関しては当初名鉄社内では「運転席が狭いのは嫌だ」等の反発の声が多く上がっていたのですが、、
5人入れるぐらい2階を大きく取ることで解決しました。
ちなみに、2階へは車外の足場から登って入るのですが入る際 駅のホームの屋根に頭をぶつけてしまうことも懸念されたため神宮前駅のホームの屋根は少し高くなっている部分があります。

車両の色はただの赤色じゃない

パノラマカーには、「名鉄スカーレット」と呼ばれる赤と青が4:1ぐらいで入っている色で塗装されています。
名鉄の初めて赤い車両はパノラマカーで、当時この赤色はパノラマカーのみに許された色でした。
よく京浜急行電鉄と同じ赤い電車で括られますが、京急の赤とは違う赤なのでお間違いなく。

油圧ダンパー

油圧ダンパーは、先頭車両のライトの隣に付いています。
「ぶつかっても大丈夫な車両をつくる」という安全対策にために付けられたものでした。
油圧ダンパーは、見かけよりも大きく威力は絶大なものだったため、、
事故で踏切で立ち往生した砂利満載のダンプカーを数十メートル飛ばすほど。
この事故の際、パノラマカーは窓が割れたのみでそれ以外に損傷はありませんでした。
そういったことから、「ダンプカーキラー」というあだ名がつきました。

ミュージックホーン

パノラマカーお披露目の際に初公開された、こっそり作っていた要素です。
ミュージックホーンは電気で音がなる電子汽笛であり、空気で鳴らす汽笛とはちょっと違う当時としては珍しいものでした。
ミュージックホーンを初めて搭載したパノラマカー以来、特急列車にはミュージックホーンが搭載されています。(なぜか名鉄電気機関車にもついてる)
ミュージックホーンは、大抵の人には「ど〜け〜よ〜 ど〜け〜よ〜 こわいぞ〜」とか「ど〜け〜よ〜 ど〜け〜よ〜 こ⑥すぞ〜」に聞こえ、またダンプカーとの衝突事故もあったので「どけよホーン」などと呼ばれています。

そんなこんなでパノラマカーは大反響を呼び、雑誌「鉄道ファン」創刊号の表紙を飾ったり、、
「伝説の名車」「永遠の名車」「名鉄不朽の名車」などと呼ばれてブルーリボン賞も受賞。*1
最終的に、名鉄は何と116両パノラマカーをつくりました。これが後々首を締めることになるとも知らずに、、、

パノラマカーのその後

オイルショック以降、鉄道の需要は急に高まりました。
結果、名鉄の利用者が急増しラッシュ時はとんでもないことに。
にもかかわらず、元々名鉄は「愛知は自動車社会だから数少ない鉄道での通勤者にもっと快適に通勤してほしい」という姿勢だったので、車両は素早い乗り降りがしづらい2ドア車でクロスシートパノラマカー含むSR車ばかりでした。

結局、名鉄東京急行電鉄から通勤車両を購入してラッシュ時の運用に就かせます。
この通勤車両は3ドアのロングシート車でした。
今まで2ドアクロスシート固執していた名鉄は考えを変え沢山人が乗れるような車両を作ることにしたのです。

この判断により、パノラマカーは行き場をどんどん失っていくことになるのです。

1988年からは新しくパノラマスーパーが特急運用に入り、パノラマカーは普通や急行の運用に入るように。この頃、パノラマカーはリニューアルされて白帯がついた車両なども登場していました。

21世紀に入り、パノラマカーは速度や定員数からして更に邪魔に。
すでに最初の製造から半世紀ほど経っていて、何より特急を一部特別車とする方針になったのがパノラマカーの廃車に繋がりました。

2009年、ついにさよなら運転を最後にパノラマカーは運行を終了。
たくさんのパノラマカーを惜しむ声がありましたが仕方のないことでした。

現在、パノラマカー中京競馬場舞木検査場に安置されています。
中京競馬場パノラマカーは、一般公開されていて未成年者でも言えば見ることが出来るそうなので、行ってみてください。
また、舞木検査場に置かれているパノラマカーは普段は非公開でイベントの時のみ見れます。

少し手短だったかもしれませんが今回はここまでです。
次回は、あの名鉄のライバルと対決する話です。
読んでいただきありがとうございました。

*1:近鉄ビスタカーブルーリボン賞を取ったのを自慢されたこともパノラマカーをつくる要因になったと言われています。

三岐鉄道 三岐線に乗車!終点駅には一体何が、、?! 近鉄全線+α制覇の旅Part11

前回の記事

mytetsutabi.hatenablog.jp


前回、私は三岐鉄道北勢線に乗りました。
今回はレア編成に乗れなくて残念な気持ちをとりなおして三岐線に乗ります!

3日目

三岐鉄道 北勢線三岐鉄道 三岐線四日市あすなろう鉄道伊賀鉄道

f:id:tsubdra:20190527204032j:plain
前回の三岐鉄道 北勢線阿下喜駅から続きます。

三岐鉄道北勢線
西桑名行き
8:04 阿下喜発→ 8:51 西桑名着

三岐鉄道北勢線は、前回紹介しましたので説明は割愛します。

f:id:tsubdra:20190613063112j:plain
西桑名駅に到着です。
今度は逆に桑名駅へ向かいます。
f:id:tsubdra:20190526221103j:plain

近鉄名古屋線
急行 五十鈴川行き
9:01 桑名発 → 9:08 近鉄富田

f:id:tsubdra:20190614070923j:plain
近鉄富田駅に到着しました。
今回のメインである三岐鉄道三岐線はここで乗り換え。
f:id:tsubdra:20190614071007j:plain
三岐線のホームは近鉄と共用です。
なので近鉄仕様の駅名標になっています。
f:id:tsubdra:20190614071038j:plain
発車時刻が書いてある電光掲示板は、三岐鉄道仕様でした。
三岐鉄道はオレンジと黄色の車両が多いので電光掲示板もこのような色なのでしょう。

では今回のメインネタの三岐鉄道 三岐線に乗車します。

三岐鉄道 三岐線

三岐鉄道 三岐線は、レール幅が1067㎜(JRと同じ)の至って普通の路線です。
西藤原駅からJR富田駅までを結びます。
「え?JR富田駅近鉄富田駅じゃないの?」と思いましたか?
実は、三岐線では旅客営業を行う列車は近鉄富田へ、そうでない貨物列車などはJR富田駅へ行くのです。
近鉄連絡線というのが三岐線から分岐していて、旅客営業列車はそっちを通って近鉄富田へ行きます。

f:id:tsubdra:20190614071759j:plain
おなじみのオレンジと黄色の車両が来ました。
意外と乗車する人は多く、席がほぼほぼ埋まっていました。

三岐鉄道 三岐線
普通 西藤原行き
9:27 近鉄富田発 → 10:19 西藤原着

f:id:tsubdra:20190614072005j:plain
車窓の景色は、こんな感じ。
山奥へどんどん入って行きます。
f:id:tsubdra:20190621130808j:plain
(指が写ってるけど気にしたら負け)
途中駅の丹生川駅。かなりの難読駅名ですね。
ここは貨物鉄道の博物館があるので沢山の人が降りて行きました。
沿線住民の利用より観光客の利用が多い感じ。
f:id:tsubdra:20190624230225j:plain
東藤原駅の近くには、セメントを積む貨物車両が沢山ありました。
なるほど、三岐線にはセメントを運ぶ需要があって、だからJR富田駅に繋がっているのでしょう。
f:id:tsubdra:20190625064841j:plain
近鉄富田から1時間くらいで西藤原に到着です。
所在地が駅名標に書いてありますが一部消されてますね。合併とかで市町村の名前が変わったのでしょう。

さあ、西藤原駅とその周辺には何があるのか、折り返しまでの時間でいろいろ探してみます!
f:id:tsubdra:20190625065049j:plain
駅ホームからまず見えたのはこの塔。
10、20年前くらいに設置されたものなのでしょう、少しだけ錆びています。
「歓迎」と書いてあり、その下にはご親切に寺や山岳(観光名所)の名前も。
観光需要を見込んで設置されたものなのでしょうが、なかなか人が来なさそうな感じg(殴
f:id:tsubdra:20190625071158j:plain
駅舎のデザインがなかなか凝ってますね。汽車の形をしています。

「でも三岐線って汽車となんの関係があるんだ?」

f:id:tsubdra:20190625071515j:plain
なんて思っていたら駅のホームのすぐ隣に機関車がいました。
しかも、蒸気機関車だけでなく電気機関車までです。
私は、そういう古い車両についてはあまり知らないのですがこういう物好きの方にはたまらないのでしょう。
ちなみにですが、手前に写っている小さいレールには時々またがって乗れる小さい列車が通るっぽいです。
f:id:tsubdra:20190627041406j:plain
はい、今回はここまでです。
次回は、また特殊狭軌の路線を紹介します。お楽しみに!
読んでいただきありがとうございました。

レールの幅は762㎜!新幹線・近鉄のレール幅の半分の路線に乗車 近鉄全線+α制覇の旅Part10

前回の記事

mytetsutabi.hatenablog.jp

前回で、ついに近鉄全線を制覇しました!
ということで!3日間使える近鉄週末フリーパスは、あと一日分が残っています。
その一日分を、近鉄沿線の路線制覇に行くために使います!
もちろん、週末フリーパスはその近鉄沿線の路線では使えないのでそれぞれで一日乗車券とかを買う予定です。

3日目

三岐鉄道 北勢線三岐鉄道 三岐線四日市あすなろう鉄道伊賀鉄道

f:id:tsubdra:20190221073021j:plain
3日目スタートです!

名古屋線
急行 鳥羽行き
6:10 名古屋発 → 6:30 桑名着

そういえばこの3日間、同じ列車にお世話になってますね(笑)
この列車の需要は多くて、朝にも関わらずたくさんの人が乗っています。

f:id:tsubdra:20190526221103j:plain
名駅に到着です。
ちょっと歩いて別の場所へ向かいます。
f:id:tsubdra:20190526221318j:plain
名駅周辺は、名古屋から近いこともあり栄えています。
そしてようやく日が昇ってくる頃でしょうか。
f:id:tsubdra:20190527051656j:plain
西桑名駅に着きました。
お気づきの方もいると思いますが、三岐鉄道北勢線に乗車します。

f:id:tsubdra:20190622123557j:plainf:id:tsubdra:20190622123616j:plainf:id:tsubdra:20190622123632j:plain
表、裏、中
三岐鉄道の一日乗車券を購入。(わざわざ窓口を時間前に開けて一日乗車券を売ってくださった駅員さん、ありがとうございました!)
パスポートと同じくらいの大きさでした。
開くと地図が書いてあります。
f:id:tsubdra:20190610071658j:plain
ではご覧ください、このレール幅の狭さを!

三岐鉄道 北勢線

三岐鉄道 北勢線は、レール幅が762㎜(特殊狭軌)しかない路線です。
この762㎜のレール幅の鉄道は、日本には2019年現在3社しかありません。
昔はもっと特殊狭軌の鉄道は多かったそうですが、大量輸送時代の到来によりそのほとんどが廃止・改軌されました。
実は、この北勢線も廃止されかけていました。
この路線を所有していた近鉄が、合理化を始めた際に北勢線を廃止対象にしたからです。
そこで沿線住民が廃線に反対して、三岐線(次回紹介)を所有していた三岐鉄道に運営を委託し今もなお走り続けているのです。

いざ乗ってみると、、
ん?レール幅が狭ければ車両も狭くて、足を伸ばすと反対側の席についてしまいます。
おまけに揺れがすごいです。レール幅が狭い鉄道だからこその要素ですね。
2日間ずっとレール幅が北勢線の2倍ある標準軌(1435㎜)の近鉄に乗っていたので、いろんな発見が多かったと思います。

三岐鉄道 北勢線
普通 阿下喜行き
6:50 西桑名発 → 7:51 阿下喜着

f:id:tsubdra:20190527071206j:plain
車窓の景色です。
街の中を走っていた時と打って変わって田んぼが広がる景色になりました。
f:id:tsubdra:20190527071828j:plain
列車の行き違いのために待っていた時に突如現れたこの編成は、とても貴重な編成です。
実は、あれは台車で車両が繋がっているタイプの実に珍しい車両で、しかもこれは762㎜の特殊狭軌を走るのでレア度増し増しです。
とにかく特別な車両で、色も北勢線開業時にあった車両に似せてあり1両はクロスシート仕様になっています。

乗ってみたかったですが残念ながら無理でした。少し悔しいです、、

f:id:tsubdra:20190527204032j:plain
阿下喜駅(あげき)に到着しました。
日本最西端のナローゲージ駅と言っても、そのナローゲージ(特殊狭軌)が3社しかないので凄さがあまり分かりませんが(苦笑)
折り返すまでの時間で、駅周辺をぶらぶら歩きます。
f:id:tsubdra:20190607175220j:plain
阿下喜駅は、想像以上にきれいで近代的な駅でした。
三岐鉄道に運営を委託した際に線形改良等のいろいろな工事を行ったからでしょう。
f:id:tsubdra:20190609101837j:plain
駅のすぐ隣にこの車両がありました。
元々北勢線を走っていた車両なのでしょうか?
f:id:tsubdra:20190609102203j:plain
今回はここまでです。いかがでしたか?
北勢線は、レール幅の狭さという要素をはじめ、他にも面白い要素がたくさんあります。
運が良ければ私が乗れなかったあの編成に乗れるかもしれません。
ぜひ、乗ってみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございました。