名古屋から日帰り鉄旅

名古屋から日帰りでいろんな路線を制覇します。一言で言うと「やばい。」

生駒ケーブル線、乗ったらなんと、、、?近鉄全線+α制覇の旅 Part6

こちらは前回の続きです。
まだ見ていない方は先にこちらを見ることを推奨します。


2日目

奈良線生駒ケーブルけいはんな線生駒線、西田原本線

f:id:tsubdra:20190508205330j:plain
近鉄奈良から来るときに一旦スルーした生駒駅に行きます。

奈良線
急行 近鉄奈良行き
10:35 大阪上本町発 → 10:55 生駒着

前回、快速急行が速いと言っていましたが急行も十分速いと思いました。
f:id:tsubdra:20190511162758j:plain
みんな大好き(?)な生駒駅です。
生駒駅からは6方面へ列車が発着するのでとても便利だと思います。
なんか生駒市の人が羨ましいです。(でも終電は遅いから...)
f:id:tsubdra:20190511163113j:plain
生駒駅から少し歩いたところに、生駒ケーブルの終端駅の鳥居前駅があります。
写真には写ってないのですが、人の行列がすごいことになっていました。
どうしよう...そんなに待っていたら予定が狂ってしまう...?!


と思って慌てて並んでいたら、
「こちらは切符購入の最後尾です。」
と聞こえてきました。
ん?切符購入の最後尾?ということは...?

近鉄週末フリーパスを使っている私には関係なーい!

f:id:tsubdra:20190511164416j:plain
案の定、待たずにホーム内に入れました。
多少の優越感に浸りながらケーブルカーを待ちます。

と思っていたらまたピンチが到来しました。
f:id:tsubdra:20190511164725j:plain
今度は、電車が時間通りにやって来ないというピンチに見舞われました。
予定を立てた時に、ゴールデンウィーク中に行くことを考慮していなかった結果だ。と私は思いました。
そうです。予想以上の混雑で乗り降りに時間がかかり遅れが生じてしまったのです。
f:id:tsubdra:20190511165430j:plain
ああ、せっかく 立てた予定が台無しだと嘆いていたらなんとか来てくれました。
5分遅れでした。(皆さんは予定を立てる際、余裕を持って立てましょう。)
この車両はミケと呼ばれているそうです。もちろんこれは目が気味悪い狂気的な猫。

生駒鋼索線
11:00 鳥居前発 → 11:05 宝山寺
※5分遅れ

f:id:tsubdra:20190511170224j:plain
終点の生駒山上まで行かず宝山寺でまた乗り換えしないといけません。
なぜなら、生駒ケーブルは運行形態が2つに分かれているからです。
鳥居前⇆宝山寺と、宝山寺生駒山上で別々になっていて使っている車両の大きさなども違います。
f:id:tsubdra:20190511203932j:plain:w100
こういう風になってます。
鳥居前⇆宝山寺はよっぽど混雑しない限り両方の線路を使いません。
基本は左の線路だけで十分だそうです。

また、途中のすれ違う所に道路と交差する踏切があります。
この踏切は世にも珍しい、車が通れる踏切だそうです。電線に引っかかるような高さでなければ通れます。

さすが日本最古のケーブルカー、いろいろ面白いですね。

生駒鋼索線
宝山寺発 → 生駒山上着

f:id:tsubdra:20190511210246j:plain
生駒山上に着きました。
f:id:tsubdra:20190511210414j:plain
まさか山の上に遊園地があると思っていませんでした。
だからあんなに家族連れの客が多かったのか...と思いました。
まあ、あんなトラウマになりそうな車両だけのためにそんなに人が乗るわけないですよね。
調べた所、生駒山には通信施設もあるそうです。
どうりで山頂なのに「圏外」って出てこないんだと思いました。
おそらくここは大阪ー奈良間の通信を可能にしている重要な場所でもあるのでしょう。
f:id:tsubdra:20190511211713j:plain
時間が押しているので速攻で帰ります。
嬉しいことに、ゴールデンウィークの多忙により時刻表関係なく往復運転が行われているので早めに生駒山を降りられることになりました。
f:id:tsubdra:20190511212530j:plain
「スイーツ」と呼ばれている車両です。宝山寺生駒山上ではもう一つ「ドレミ」があります。
生駒鋼索線 生駒山上→宝山寺 タイムラプス - YouTube
せっかくなのでタイムラプスにしてYouTubeにあげてみました。
f:id:tsubdra:20190512084141j:plain
今回はここまでです。ゴールデンウィークの混雑で予定がめちゃくちゃになると思いましたが、なんとか巻き返して時間に余裕があるぐらいになりました。

次回は、けいはんな線を制覇します。
けいはんな線がいろいろ有望な路線である理由に一同驚愕!その理由に私が泣いた...
お楽しみに!