名古屋から日帰り鉄旅

名古屋から日帰りでいろんな路線を制覇する人の旅日記。

生駒線は信貴線や西信貴鋼索線と関係がある?!近鉄全線+α制覇の旅 Part8

こんにちは。
今回は生駒線を制覇する旅になります。
前回のけいはんな線制覇の記事はこちらです。
mytetsutabi.hatenablog.jp


では本編どうぞ。
※予定より早く進んでいるので何時何分の電車かとかは書いてないです。ごめんなさい。

2日目

奈良線生駒鋼索線けいはんな線生駒線田原本線
f:id:tsubdra:20190518122235j:plain
前回終わったところから再開。まずはけいはんな線生駒駅に行きます。
f:id:tsubdra:20190518122426j:plain
とりあえず生駒駅に戻ってきました。
f:id:tsubdra:20190518122915j:plain
奈良線生駒線の分岐点。右手の方が王寺方面の生駒線の列車です。
その列車に乗って王寺へ向かいましょう!
f:id:tsubdra:20190518123458j:plain
途中駅の元山上口駅元山上口ということは、々は山上への入りだった場所なのでしょうか。だとしたら何の山なのか、、?
f:id:tsubdra:20190518124141j:plain
しばらく乗っていたら答えが分かりました。信貴山下という名前から分かるように、生駒線信貴山と関係があるようです。

生駒線信貴山

生駒線は、信貴山へのアクセス路線として利用されていました。生駒線開通当時は、信貴山へは東から行くのが主流だったそうです。
mytetsutabi.hatenablog.jp
こちらで西信貴鋼索線について説明していますが、この記事で私は、こう述べています。
f:id:tsubdra:20190518125006p:plain
_人人人人人人人人_
>東信貴ケーブル線<
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
信貴山へ行く時は、かつては生駒線と東信貴鋼索線(東信貴ケーブル線)が使われていたのでしょう。
その観光需要のためか、生駒線は一部区間が複線化されています。
f:id:tsubdra:20190518192830j:plain
f:id:tsubdra:20190518192902j:plain
無事王寺駅に着きました。何気なく利用者が多かったです。生駒線制覇!
f:id:tsubdra:20190518193715j:plain
f:id:tsubdra:20190518193519j:plain
改札を出てすぐ右側にJR王寺駅がありました。王寺駅は、JRにとっても主要な駅で、大和路線和歌山線が通っています。
ってんん??
f:id:tsubdra:20190518193715j:plain
この写真、、、
よくよく見ると、、
f:id:tsubdra:20190518194033j:plain
信貴山方面って書いてあるー!!
やっぱり、生駒線信貴山へのアクセスを担っていたのですね。もしかしたら今もバスが運行されていたり、、?

まとめ

生駒線は、かつては信貴山へのアクセス路線として利用されていた事がよく分かりました。信貴山へのアクセスは、現在は信貴線西信貴鋼索線が担っていますが利用者は決して多くはありません。東信貴鋼索線が消えたのはそのような要因があるのでしょう。
次回は、近鉄の路線では古い方とされる西田原本線を制覇します。いよいよ、近鉄全線制覇が見えてきましたね。次回もお楽しみに!
ここまで読んでくださりありがとうございます。もしよろしければ拡散してみてください。「このブログつまらない」とでも書いて拡散すれば良いと思います。