名古屋から日帰り鉄旅

名古屋から日帰りでいろんな路線を制覇する人の旅日記。

東海道線と壮絶なバトルを繰り返した関西鉄道について調べてみた (雑学編⑥)

前回の記事

mytetsutabi.hatenablog.jp
前回までは名鉄が辿ってきた様々な事柄を取り上げてきました。

その中で、名鉄はJRと競争を繰り広げた事について述べたのですが、、、
そのような競争で、もっと激しい競争をしていた路線があったという事で調べてみたら関西鉄道というなかなか面白いネタが出てきたのでまとめてみました。

関西鉄道

関西鉄道は、その名の通り関西に路線を展開していた鉄道会社です。(1888年設立)
もともとは各地から東海道線に繋げる目的で設立された会社でしたが、合併を繰り返した結果 名古屋から大阪までの独自の運行ルートを築き上げました。
f:id:tsubdra:20190716070950j:plain
1908年頃の関西鉄道の路線図。
既に察した方もいると思いますが、関西鉄道は最終的にそういう結末を迎えます。
それに関しては後ほど。

このように、関西鉄道は名古屋、京都、奈良、和歌山、大阪とまさにその名にふさわしい大きな鉄道会社になりました。ちなみに、この頃はまだ近鉄は存在していません。

関西鉄道、官鉄に宣戦布告

関西鉄道は、名古屋〜大阪間を1日2往復する急行の運行を開始。
官営鉄道の東海道線に喧嘩を売り始めました。
なおこの時は、どちらも所要時間は同じくらい(5時間半)だったので互角の勝負と言われましたが、、
官鉄からして見れば、あまり嬉しくない話です。
利用客が奪われただけでなく、その先これからも利用客が奪われ続ける可能性があるからです。

官鉄の不安は的中し、1900年以降になると関西鉄道は急行の所要時間を5時間弱に短縮、さらには食堂車も連結するようになりました。

大幅な値下げが行われ、とうとう名古屋〜大阪の運賃の値引き合戦が始まりました。

官営鉄道の運賃 関西鉄道の運賃
1902年8月1日 片道 1円77銭
往復 2円30銭
片道 1円47銭
往復 2円
1902年8月6日 片道 1円77銭
往復 1円47銭*1
片道 1円47銭
往復1円50銭
1902年末 休戦協定
1903年10月 協定破棄、競争再開
片道 1円10銭
往復 1円20銭

途中に仲裁が入って競争が一時停止しても無視して競争を続けた関西鉄道は、本当に無茶苦茶な競争をしていました。
「いずれ潰れるなら、最後までやってしまおう」という精神があったのでしょう。
運賃が非常に安いだけでなく、昼食のサービスなどもありいかに官鉄を潰したかったのかが伺えます。

競争終了

関西鉄道と官鉄 東海道線の競争は、日露戦争による軍需輸送が優先になったため強制的に終わりました。

そして、ライバル関係にあった官鉄は関西鉄道国有化を決定。
国有化を避けたいとの請願書も受け入れられず、残念ながら1907年10月に国有化されました。

しかし、関西鉄道はただそれだけでは終わらなかったのです。
最後に、路線の電化計画を立てて買収額をなるべく高くするという悪あがきをしました。*2
正直、ここまでして官鉄を潰そうとしてたのは驚きです。
官鉄に親を殺されたんじゃないでしょうか。

現在はJRの経営を支えてる?

では、官鉄に買収された路線はどうなったのでしょう。
なんと、現在でもほぼ全ての路線がJRの路線として運行されています。

JR西日本は、現在の大阪環状線(一部)、関西線(JR難波〜亀山)、片町線学研都市線(一部)、奈良線草津線、桜井線、和歌山線を受け継ぎ、
JR東海は、現在の関西線(亀山〜名古屋)、紀勢本線(亀山〜津)を受け継ぎました。

特に、JR西日本が受け継いだ路線は通勤路線として使われるようになり、地方の赤字路線が多いJR西日本の経営を支えています。(※JR東海が受け継いだ路線はその「地方の赤字路線」になった模様。)

f:id:tsubdra:20190718073153j:plainf:id:tsubdra:20190702213347j:plain
同じ関西線でもこんなに違う
なお、関西鉄道の急行が通った名古屋〜湊町のうち、亀山〜加茂は未だ非電化区間です。
そのうち電化されるといいですが、やはり猛烈なバトルを繰り返したライバルの路線なのでやる気はないのでしょう。

f:id:tsubdra:20190718072640j:plain
ということで、今回はここまでです。

皆さんは、この時代なら官鉄東海道線関西鉄道、どちらに乗りたいですか?

私は、関西鉄道に乗りたいです。

その理由は単純。

安いから!

読んでいただきありがとうございました。(強制終了)

*1:片道が往復が安くなっていたカオス

*2:買収額を高くするため、という事はあくまで一説にすぎないそう。